このページのトップです


現在位置:

TOP>の中の高等学校>の中のQ&A


メインコンテンツ

Q&A 高等学校

都市大等々力に対するさまざまな質問にお答えします。

登校時間は何時ですか?
8時30分です。毎朝0時限(8:30〜8:45)にAttainment Test(到達度テスト)を行います。
昼食はどのようにとりますか?
お弁当を持ってこなくても、第2校舎5階のラウンジで食事したり、焼きたてパンなどを購入できます。校内でのパン販売を利用することもできます。
どのような生徒指導を行うのですか?
本校は、ノブレス・オブリージュを教育の原点に掲げ、品格や高潔な態度・服装を心がけた生徒指導を行っています。きちんとした服装や規則に定められた頭髪を遵守してもらいます。また、挨拶は人間関係の基本ですので、力を入れて指導しています。
勉強の量が多いようですが、ついて行けるか心配です。
毎日の学習の中で積み残しがないことが大切です。そのためにも「システム4A」のプログラムが用意されています。Attainment Testやチューターによる個別指導もわからないところはその日のうちに解決して、思う存分課外の活動に熱中してもらおうという趣旨で作った学習システムです。つまり、勉強量は確かに多いと思いますが、きちんと定着できるようにサポートしていますので心配いりません。
塾や予備校に行かずに大学受験ができますか?
システム4Aの一環として専属チューターによる個別指導やシステムLiPでの入試基礎力の充実の上に、予備校講師による予備校講座、本校教員の特訓講座、合宿進学講座、登校進学講座などを導入し、目標大学現役合格を徹底してサポートしていきます。ですから、塾や予備校に通う必要はありません。
安全対策はどうなっていますか?
平成22年に竣工した第2校舎に加え、第1校舎や体育館もすでに耐震補強を済ませております。安全対策をテーマに研修や訓練も定期的に行っています。また、生徒の下校時の安全確保については、自習により下校が遅くなる場合は、生徒に持参させているカードをカードリーダーに読ませることで、保護者に学校を出たことをお知らせするというシステムを取り入れています。緊急の連絡もHP掲載の他、保護者にメールで配信します。
いじめについてどのように対応されますか?
本校はノブレス・オブリージュの教育という、高邁な理想の人格教育を教育の柱に据えている学校です。その理念からして「いじめ」は絶対に許しません。また、そういう卑劣な行為を生まないようなよき集団作りを、早期に確立するようホームルームが運営され、学校行事も組まれています。担任や全教員は早期発見・早期解決に全校的に努めます。不幸にしてそうした状況が生じた場合、決してうやむやにすることはありません。いじめをした生徒に対しては保護者同伴の上で注意、指導を行います。
携帯の持込・使用は可能ですか?
登下校中の生徒の安全対策という観点から、携帯電話の所持については禁止していません。ただし、校内及び通学路で使用することは禁止していますので、電源を切りカバンの中にしまっておかなければなりません。
特別奨学生について教えてください。
特別奨学生になるには、入試で成績上位者になる必要があります。成績上位者10名〜15名に対して入学金・授業料・施設設備料・維持料の相当額が給付される「A特」、A特の半額が給付される「B特」の資格が与えられます。(年度審査があります)