このページのトップです


現在位置:

TOP>の中の中学校>の中の6年間の流れ


メインコンテンツ

6年間の指導の流れ

高い理想の人格教育と確かな学習支援プログラムで、
若々しい活気に満ちた6年一貫教育を実現します。

ノブレス・オブリージュの精神のもと「高潔」「英知」「共生」の精神を身につけた若者の育成こそ、本校の6年一貫教育の基本。
体験を通して、常に不動の一点を見つめて生きることができる「プリンシプルを持った若者」の育成を目指しています。

中1 中2 中3 高1 高2 高3
生活

HR目標
規律を学ぶとともに、自分を生かし育んでくれる存在へ感謝の気持ちを持ち、共生の精神を養う。 他者を理解し尊重する心と話し合いのルールを学び、議論のできる仲間を作る。 命の大切さの認識と、自分の存在が恵まれたものであるという自覚に基づいて、世界を観る眼と共生の絆を深める。 規律と自律のバランスのとれた生活習慣の上に、共生の精神に基づく公正で多角的な思考力を育む。 自尊心と公共心を持ち、主導的な立場で後輩を指導する自覚を持つ。 国際社会の一員として、将来自分が果たすべき責任が何かを自覚する。
学習目標 TQノートの習慣化で、基本的な学習習慣を身につける。 プロジェクトベイスドの授業を段階的に取り入れ、調べ学習の基本を身につける。 プレゼンの基礎と主体的な学習の定着を図る。 TQの考えに基づいた時間管理と、広く知識を求める姿勢を持てるようにする。 問題解決型の学習と英語によるプレゼンができるようにする。 TQ能力を発揮して計画的に学習が進められるようにする。
進路目標 自分史の作成を通じて、恵まれた自分の可能性に気付く。 様々な学問領域や世界で活躍する人物を調べ、自分はどのように生きたいかを考え発表する。 将来の夢に向かって、具体的なスケジュール・年度目標を作成する。志望大学研究にも着手する。 模擬試験の意義を理解し、活用できるようにする。また、学部学科の選択ができるようにする。 2学期までに志望大学を決め、冬休みに過去問題を解く。センター8割獲得を目標とする。 目標を見据え高いモチベーションを維持させて、目標大学への現役合格を果たす。
主な宿泊行事
オリエンテーション合宿
サバイバルキャンプ
自己発見と共生の旅
学習・議論・リサーチ・プレゼンという流れの中で調べ学習の基礎を学ぶ。
ステージアップ合宿
平和と命の旅(九州修学旅行)
知覧・水俣・長崎見学で命の尊さを学び、世界の紛争の実態に目を向け、ノブレス・オブリージュについて考える。
ラグビー校語学研修旅行(一貫生高校修学旅行)
イギリスの名門パブリックスクール「ラグビー校」での様々なプログラムに参加し、英語やパブリックスクールの歴史を学ぶ。
芸術鑑賞教室 古典芸能鑑賞1
(落語教室・歌舞伎教室)
古典芸能鑑賞2
(五島美術館・クラシックコンサート)
古典芸能鑑賞3
(オペラ鑑賞)
その他の主要行事 学年別行事 命のはぐくみ(菜園づくり) レシテーションコンテスト LiP大会 スピーチコンテスト プレゼンテーション大会 プレゼンテーション大会にオーディエンスとして参加
通年行事
  • オーストラリア夏季語学研修(中3〜高2希望者)
  • イングリッシュサマーコース(中1〜中3希望者)
  • ロードハイク(中1〜高2)
  • 合唱コンクール(中1〜高2)
  • 藍桐祭(文化祭)
  • スポーツ大会(中学)
  • 体育祭(高校)
  • 春季合宿進学講座(高2)
  • 大学訪問(高校)
  • 夏・冬登校進学講座(高校)
  • 予備校講座・特訓講座・各種講座(高校)
指導ポイント 身近な命の育みの体験学習から共生・仲間・いじめの問題について考え、明るく楽しいクラス集団作りを土台に、生活習慣の確立を図る。その上で議論できる集団の育成のためのルールや方法を学ばせていく。 命を見つめ、人間・平和学習から世界の紛争や貧困などの現実を見る眼と知的好奇心を育てる。調べ学習(プロジェクトベイスドの学習)からプレゼンの方法までを学び、高校修学旅行に備える。進路学習を本格化させ、進学準備を進める。 ノブレス・オブリージュの伝統を学ぶ機会として修学旅行を活用し、自律的な行動ができるようにする。日本文化やノブレス・オブリージュについて英語でプレゼンできるよう準備する。現役進学に向け集中指導する。
共生 英知 高潔