このページのトップです


現在位置:

TOP>の中の帰国生入試


メインコンテンツ

帰国生入試

本校は、平成21年4月、「東京都市大学グループ」の誕生を機に、校名を東京都市大学等々力中学校・高等学校と変更し、翌22年4月には、70有余年に及ぶ女子高としての歴史に終止符を打って、noblesse obligeの教育とグローバルリーダーの育成を教育理念とする共学校として新しいスタートをきりました。そして、平成24年3月には高校入学の第1期生が卒業し、大きな進路実績を残すまでに至ったのです。 高い理想と確かな学習支援システムを常に念頭に置いて始まった本校の改革は、現在見える形で一定の成果に繋がっていると確信しています。

そして平成26年度入試から、帰国生入試を実施いたしました。様々な背景を持った者同士が相互に刺激し合い、より「高み」に向かって努力することがグローバルリーダーの資質であるという考えに基づき、平成28年度も帰国生入試を実施する予定です。

「noblesse obligeの教育とグローバルリーダーの育成」をどこまでも求めつつ、今後ますます前進する活気に満ちた集団、それが東京都市大学等々力中学校・高等学校です。

システム4A

目的は生徒のTQ(時間管理能力)の向上と基本事項の定着
一週間前に授業で習ったことをきちんと問う問題(Attainment Test)を毎朝実施し、終礼時に返却します。7割以下の場合には放課後に問題の解説と再テスト(Aptitude assignment)、あるいはチューターの補習を受講することになります。どこに問題があったのかを発見し、問題はその日のうちに解決して次の授業に臨むというサイクルを確立することで教科書内容の定着化を図ります。わからない教科や領域は生徒によって違うものです。この4A補習によって個々の状況に合わせて対応することができます。また、日常的なテストや補習のシステムは、生徒の日常的な学習習慣を形成させるものであり、4Aのねらいもそこにあります。

システムLiP

良好な人間関係作りから小論文入試、ひいては社会に出た後のプレゼンテーション能力までをカバー
LiPとはLiteracyとPresentationを一つにした本校の造語です。中学での内容は主に、日本語ディクテーション・友だち広告作り・何でも分類・図の言語化(文章化)・言語(文章)の図式化・文章の要約・伝言ゲーム・自分史の作成・シナリオディベート・なりきり偉人伝の作成・アサーショントレーニング等々、内容も様々。ほとんどすべてがワークショップ形式の授業なので、国語力や言語運用能力を無理なく、そして楽しく学ぶことができます。国語の基礎から入試小論文対策までカバーするシステムであり、よきクラス作りにも効果的です。

システム4A

英語学習の基本は多読、
そして刺激に満ちた国際交流プログラム
  1. (1)英語の授業は習熟度に分けて実施
  2. (2)多読・速読用教材「※SRA Reading Laboratory」などを使った多読授業 や原書講読指導
    ※全体で10のレベルに分かれ、読解と速読トレーニングのカードがそれぞれ150題ずつ用意された教材
  3. (3)レシテーション、スピーチコンテストの実施
  4. (4)ネイティブによる「イングリッシュサロン」の開室
  5. (5)国際教育室による定期的な面談指導
  6. (6)多様で刺激に富んだ国際交流プログラム
・イギリス、パブリックスクールの名門「ラグビー校」との交流プログラム
ラグビー校語学研修旅行、長期・短期の交換留学制度、ギャップ生の受け入れ等
・世界の名門ハーバード大学での進路探求型短期語学研修(高校希望者)

システムLiP

実験&発表で、
「教えられる学習」から「自ら学ぶ学習」へ
  1. (1)第1 ステージ(中1、中2)では原則実験のみの理科授業
  2. (2)フィールドでの体験学習
    (等々力渓谷散策、多摩川自然観察、博物館実習)
  3. (3)都市大環境学部との連携による環境学習
  4. (4)高大連携による都市大「最先端科学講座」の実施
  5. (5)「ロボットを作ろう、動かそう」プログラムへの参加
    (マイクロソフト、ベネッセコーポレーション共催)

アクセス    

帰国生入試についてのお問い合わせ先

相談窓口メールアドレス(担当:二瓶)
mail@tcu-todoroki.ed.jp