このページのトップです


現在位置:

TOP>の中のトピックス>の中の行事>の中の【学年行事】等々力キャリアフェア【中学2年】


メインコンテンツ
2017-11-11

【学年行事】等々力キャリアフェア【中学2年】


「将来はどんなイメージを持っているの?」
「理系のサラリーマンです。」
 中学1年生の時の面談でのやりとりです。いかにも、中学1年生らしい答えで、本当に可愛らしくて、印象に残っています。そうしたところから出発した7期生達にも、少しずつ、でも、着実にキャリアイメージを形成してもらおう、という恒例イベントがキャリアフェアです。
 南学年主任の方針は「事前指導重視」。
 キャリアフェアにおいても、11/8(水)にラウンジにて事前指導を行いました。事前指導は、何事も長続きしなかった女性がスーパーのレジ打ちの仕事に打ち込む動画の視聴から始まりました。動画を観て、「働くとは?」「仕事とは?」という問いかけに対する生徒達なりの解答を書きました。そして、小・中・高生の「将来の夢」の人気ランキングのいずれにもプロスポーツ選手・芸能人・学校の先生が上位でランクインするのは、「他の職業を知らないから」という展開となり、多種多様な職業の方のお話を聴くことの価値が語られました。

 11/11(土)キャリアフェア本番。
 講師を務めて下さったのは、いずれも中学1年生、2年生のお父様お母様。弁護士さん、IT関係のお仕事をされている方、薬剤師さんに、人事関係の方、商社マン等々、錚々たる保護者様10名がご来校下さいました。
 生徒達はお二人のお父様お母様のご講演を聞かせて戴きました。お父様お母様方は、パワーポイントを駆使し、お持ち頂いた商品見本を手にし、黒板に説明も書いて戴き、様々に工夫をして下さり、本当に熱心にお話しして下さいました。子供達と一緒にご講演を拝聴していて驚いたのは、どのお父様、お母様もお話が素晴らしくお上手なことです。
子供達の中にお話しが「入っていく」のがよくわかりました。
 翌週のTQノートのリフレクションには、「キャリアフェア、とても参考になった」という本人たちのコメントばかりでなく「キャリアフェア、とっても喜んで、色々と話をしてくれました」というご両親からのコメントも並びました。
 更にLiPの時間・道徳の時間2時間をかけて、キャリアフェアで書きこんだメモを基にキャリアイメージ形成のためのワークシートを記入。最後は、講師を務めて下さったお父様お母様にお礼状レポートを記入して、今回のキャリアフェアを終えました。
 中学2年生ではご両親が、高校2年生では先輩達が初来のことを語ってくれる。アットホームな等々力の一端です。

     
学年教員の野崎先生が職業に関して様々な  生徒は先生から出される質問について、
質問をして、考える事前指導をしました。  みんなで真剣に考えていました。


互いの意見を交換し合いながら職業
について考えを深めました。



保護者の方々が講師として「職業」について語ってくださいました。

     
生徒は講師の先生方の話を細かくメ     今回講師をしていただいた先生方です。
モしていました。             本当にありがとうございました。