このページのトップです


現在位置:

TOP>の中のトピックス>の中の行事>の中の【学年行事】自己発見と共生の旅事前学習C【中学2年】


メインコンテンツ
2018-05-19

【学年行事】自己発見と共生の旅事前学習C【中学2年】


 中2学年は6月末に「自己発見と共生の旅」として福島県に行きます。本日は、そのために事前学習として「福島県(原発)と自分たちとのつながり」について講義を受けました。
 まず、教育設計部樋口部長から「福島県の原発は東京に電力を送るために作られたものだ」との話を聞きました。生徒の中からは第2回の事前学習もふまえ、「原子力発電は便利だけど危険な面もある」との感想などが出ました。次に、ESD委員会の委員長清水教諭から「福島に原発が作られた経緯と問題点」について話を聞きました。当時の国会での答弁や社会情勢などを聞き、現地で調べること・深めることについて言語化していきました。
 様々な情報を知ったうえで、生徒一人一人が原発について、また福島と自分たちの生活との繋がりについて考えを深めてくれることを願っています。