このページのトップです


現在位置:

TOP>の中のトピックス>の中の行事>の中の【学年行事】自己発見と共生の旅「プレゼンテーション大会」【中学2年】


メインコンテンツ
2018-06-30

【学年行事】自己発見と共生の旅「プレゼンテーション大会」【中学2年】


 6/30(土)3・4時間目に「自己発見と共生の旅」の集大成としてのプレゼンテーション大会が行われました。これは「自己発見と共生の旅」で実際に福島に訪れ自らの目で、耳で、肌で感じて学んだことから自分たちの「什の掟」を考えプレゼンテーションを行うものです。生徒はこの日のために旅から帰ってきて毎日放課後に集まり練習を積み重ねていきました。
 3時間目のクラス予選はHR教室でクラスメイトと保護者の方々が見守るなかで行われます。各クラス4グループのうち1グループが決勝に進みますが、惜しくも決勝に進めなかったグループも素晴らしい発表ばかりでした。見守った保護者の方から「いま発表した什の掟を家に飾り毎日見えるようにしたい。」というお言葉をいただきました。
 4時間目は各クラスで勝ち上がったグループがつばさホールで発表をする決勝戦です。校長先生・教頭先生・この旅やプレゼンテーションを始めに企画した教育設計部樋口部長・学年主任長濱先生による審査で行われました。グランプリは2組のグループに決定しましたが、接戦で2位以下のチームとはかなり僅差という結果になりました。
 生徒たちの意識はこの旅を経て確実に変わりましたが、大事なのはこれからです。自分たちが吟味を重ね作り上げた掟をこれからどう守っていくか。そこでこの旅の真価が問われます。この旅の成果が普段の生活に表れることを大いに期待しております。また、今回の行事で様々な形でご協力・ご支援いただいた皆様方に深く御礼申し上げます。ありがとうございました。

   
クラス予選                    決勝戦

   
様々な方法で「伝えます」             グランプリは2組の代表グループでした。
                         各グループお疲れ様でした。