このページのトップです


現在位置:

TOP>の中のトピックス>の中の行事>の中の【学校行事】第2回GL講座【全学年】


メインコンテンツ
2018-10-06

【学校行事】第2回GL講座【全学年】


10/6(土)、第2回目のGL講座を開催いたしました。
 今回は弁護士の萩原浩二先生をお招きして、「弁護士の仕事のはなし」をテーマにご講演していただきました。萩原先生は、東京大学法学部を卒業され、現在も弁護士として活躍されています。
 ご講演では、弁護士の仕事とはどのようなものか、弁護士になるためにはどうすればよいのかを、具体的な係争事例を織り交ぜながら魅力的に話してくださいました。弁護士の職に就いてからも、「深い教養の保持」と「高い品性の向上」のために、日々自己研鑽を積んでいらっしゃる萩原先生。生徒たちへのメッセージとして、中高生の今であるからこそ、日々の課題や学習、部活動における努力する姿勢や、さまざまな分野の学習を大切にする心について、お話を下さいました。このご講演が、生徒たちが目標に向かって成長するきっかけの一つになってくれればと思います。

   
講演の様子                    講演後、生徒から花束が贈呈されました。

〔GL講座の趣旨〕
 GL講座は、世界や各分野のトップで活躍する方々からお話を直に聴くことで、生徒の皆さんの知的関心や道徳意識、あるいは社会への参画意識などを刺激し、将来グローバル・リーダーとして活躍するために必要な素養や目的意識をつかみとってもらうことを企図した講演会です。そのため、なるべく幅広い分野から多彩で著名な講師の方々をお招きしようと努力しています。例えば、専門分野の最先端で活躍する研究者、世界各地を飛び回って活躍する社会活動家、偉業を成し遂げたトップアスリート、革新的な手腕で企業を導く経営者、そういった才能あふれる各界のリーダーのお話を聴けるチャンスをたくさん用意したいと思っています。若いうちはともすると日常の狭い世界にばかりに気を取られ、より広い世界で起きている出来事が自分には縁遠いこととしか受け止めらないこともあるでしょう。しかし、GL講座を通じて、世界のアクチュアルな問題をより身近なこととして感じてもらい、ひいては自分自身も将来様々な分野で活躍する人間になろうという志を持つきっかけ作りができたらと切に願っています。