このページのトップです


現在位置:

TOP>の中のトピックス>の中の行事>の中の【学校行事】音楽鑑賞教室【高校1年】


メインコンテンツ
2019-11-13

【学校行事】音楽鑑賞教室【高校1年】


 11/13(水)、高校1年生は音楽鑑賞教室に行って参りました。
 音楽鑑賞教室は、中高生の多感なこの時期に「本物に触れさせたい」という主旨の下、毎年恒例となっているサントリーホール&ウィーン・フィルの青少年プログラムです。生徒たちは素晴らしい演奏に、感性を刺激されたようでした。

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
アンドレス・オロスコ=エストラー氏(指揮)
<曲目>
 ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」〜ロシアの異教徒の情景から
 T.Adoration of the Earth(大地礼賛)
 U.The Sacrifice(いけにえ)

<生徒感想>
「オーケストラをホールで聞いたことがなかったため、とても圧倒された。また、クラシックに興味が湧き、クラシックという新しい音楽の扉を開いたような感じがした。」
「目立たない場所にある打楽器の音が聞こえたときに、脇役である楽器がオーケストラを支える役割を担っているのだと感じた。また、表立っているものは陰での支えが必要であることを学んだ。」
「世界的に有名なオーケストラを聞かせていただき、非常に幸栄であるように思えた。また、自分では出来ない楽器のテクニックを施しており、本当に圧倒された。曲だけで物語をイメージできる面白さを改めて学ぶことができた。」