このページのトップです


現在位置:

TOP>の中のトピックス>の中の行事>の中の入学式式辞


メインコンテンツ
2011-04-07

入学式式辞

平成23年4月7日

東京都市大学等々力中学校・高等学校
校長 海老原 大樹

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

皆さんは最近の中学・高校受験において稀にみる激戦校となった本校に見事に合格し、入学されました。心よりお祝い申しあげます。
またお子様をこれまで手塩に掛けてこられました、保護者の皆様,誠におめでとうございます。
東京都市大学等々力中学校・高等学校の教職員を代表し、謹んでお慶び申しあげます。

また本日の晴れある入学式に多くの御来賓の方々にご臨席を賜っております。
東京都市大学の片田工学部長をはじめ、本校後援会の櫟木会長、同窓会ますみ会の片山会長、そして、多くの関係者の方々です。誠に有難うございます。

本日は天気にも恵まれ本校の桜の花も咲き、春の到来を告げており、まさに入学式に相応しい季節でございます。
この晴れやかなる日に中学校152名、高等学校165名の新入生の皆さんを迎えましたことは、この上ない喜びであります。私たち教職員は皆さんが充実した学園生活を過ごすことを期待しております。

さて、東京都市大学グループ8校は平成21年4月に誕生いたしましたが、中心校である東京都市大学は80有余年の歴史を有しておりますし、本校も創立以来70年にわたり「品性ある人格教育」を実施し、多くの卒業生を世に送り出しております。

これら歴史ある学校群が時代の要請に応えるべく、グループの再編と校名変更を行いました。これを機に定めましたグループの使命は建学の精神に基づき「単に知識や技術の修得のみならず、優れた感性と品性を備え、世界から待望される有為な人材の育成」にあります。

本校にあっては、さらに具体的な教育目標として学力の向上はもとよりノブレス・オブリージュとグローバル・リーダーの育成をめざし、4つの人間形成目標を掲げております。

1、夢や目標に向かって高い志を持った高潔な人格と進んで社会貢献のできる資質の養成。
2、国際社会を舞台に活躍し、公正で品格のあるグローバル・リーダの育成。
3、多くの情報や知識の中から自らが意思決定のできる能力の育成。
4、困難を前にたじろがない健康な心身の錬成。

このような本校の教育方針に皆様からご理解とご支援を頂きましたことにより、今回の入学試験は前年度を遥かに上回る倍率となりましたが、新入生の皆さんは、この激しい競争に打ち勝って合格されたのです。
皆さんは自信を持って、そして都市大等々力中高の生徒として誇りを持ってください。また本校をみなさんの人生のスタートの場として勉強に、学校行事に、クラブ活動に励んでください。
そしてスポーツ、芸術、文化活動を愛する幅広い人間となるための自己研鑽の場として、自分自身で考えて行動できるよう過ごしてください。

ただ何か困難に出会ったとき、困ったときにはいつでも先生に相談してください。本校の教員は皆さんをバックアップすることを厭いません。

いずれにしろ、皆さんが有意義な学園生活を過ごすためには、皆さん自身が健康であることが最も大切ですので、自分の生活のリズムを計画的にコントロールしてください。

今、日本は大きな試練の時にありますが、次の時代を担う皆さんの健全な育成が強く望まれております。
是非、本校での学園生活が皆さんにとって有益であり、青春時代の輝かしい1ページとなりますように祈りまして私の祝辞といたします。
本日は誠におめでとうございました。